<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

◆映画『スノーホワイト』

 6月20日、会社は年に一度の『定期検診』で、会社は休み。
 早朝、雨かと思っていたら、晴れていたので、藤崎>室見川>小田部大橋>有田橋の往復やく6KMをジョギングとウォーキング。いよいよ、山笠ですから、準備ですよ!
 その後朝9時過ぎから、定期検診。(還暦過ぎると『身長が0.5CM』縮んでいました。)
 定期検診のあと、遅めの昼食後、恒例の映画に行きました。
◆映画『スノーホワイト』は『白雪姫』
http://eiga.com/movie/56725/
 グリム童話のものとは、全く違う、『闘う、白雪姫!』
内容自体もですが、映画の展開の仕方も面白かったですよ!
お薦めの映画です。


◆映画『ダーク・シャドー』

 5月に仕事が忙しかったので映画の話を書きそびれていましたが、【宇宙兄弟】も【テルマエロマエ】も観ていました。日本のマンガコミックの実写版で、内容は、マンガの通りでした。
 6月にも書きそびれていた映画の話があります。『ダーク・シャドー』でした。女性客いっぱいでした。
http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/index.html
 『ジョニィー・ディップ』がバンパイアになる映画でしたので、「血を吸ってほしい」という女性も多かったそうで、来日した時は大変な騒ぎでした。
 監督が『ティム・バートン』。『チャーリィーとチョコレートエンジェル』や『アリス・イン・ワンダー』で、 『ジョニィー・ディップ』とタグを組んできただけあって、『フツーでない!』バンパイアでした。

[PR]
by sanuimomochi | 2012-06-24 21:59 | 映画の話
今日は2本紹介

 『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』
 
一昨日17日は、久しぶりの休みでしたので『中洲大洋』で3時5分からの『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』という映画を観てきました。
 三島由紀夫の『情けないほどの時代錯誤』とそこから来る焦りの中で『時代から取り残されていく姿』が遂に『11.25自決の日』に至ったことを、とても判りやすく映像化されていました。
 若松孝二監督は『連合赤軍』の映画のときも、そういう追い込まれていく姿を上手く写していましたし、『キャタピラー』なんかでは、軍神化された男が、敗戦による無様さを表現してアカデミー賞にもノミネートされました。
http://www.wakamatsukoji.org/11.25/
 『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』を観ると、彼を英霊化していた人たちも、実は『あんなに無様だったのか』と後悔するかもしれませんね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MIB・3 『メンインブラック3』

忙しかったので映画の話を書きそびれていましたが『メンインブラック3』も、相変わらず、面白かったですよ。
 この映画はシリーズものですから、いちいち説明は要らないでしょうが、娯楽映画ですからね!彼らのように黒のメガネを掛けて3Dで観るのもオツデスヨ。
http://mib-3.com/

[PR]
by sanuimomochi | 2012-06-19 14:28 | 映画の話
 『還暦の手習い!』が、『アイパッド!』どなたか、教えて!
a0154912_0182420.jpg 宅建協会・福岡西支部の『流通促進委員長』なるものに指名された為(他支部の流通促進委員会では、パソコンなどI・Tに詳しい若い者が多おそうなので、)遂に、『アイパッド』を2台導入しました。(夫婦で使ったほうが覚えるから)

 アイパッドが来たのはいいけれど、教えに来たソフトバンクの担当が『フェースブック』を、よく理解してなく、アイパッドの分もダブって、フェースブック登録させられた為、2重に『友だち』申請出したようで、届いた人は、すみませんでした。


a0154912_0175694.jpg 今年は福岡西支部の流通促進委員長として『アイパッド』と『フェースブック』の勉強会を、若手を集めて、やることに決めました。
まだまだ勉強しないといけません。

 アイパッドを購入するにあたって、某電気店で買うことを検討していたのですが、『宅建協会から買うと安くは成らないが、教えに来てくれる』との謳い文句をカミサンが聞いていたので、宅建協会を通して買ったのに、教えに来たソフトバンクの人が、この有様?

 『私たち二人をチャンと使いこなせるようにしきらないと、支部での講習会もないぞ!』と、なかば職権乱用みたいですが、指導しています。そうしないと、習いに来る人が、私たちよりもパソコンに弱い人が多いことを想定しないといけないからでした。
[PR]