<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   ● 『 アーチィスト 』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
2012年のアカデミー賞の作品です。ハリウッドでなく、フランス映画という異常事変でした。さらに、ナント!!白黒の無声映画を基調とした昔(私が生まれる前の)懐かしい映画でした。この映画を観られた方は、もう一度観たくなるほど面白かったですよ。犬も飼いたくなりますよ!
 『ヒューゴの不思議な発明』は、映画創世記の時代背景でしたが、『 アーチィスト 』は、サイレント映画からトーキー映画に移行する頃を時代背景とした映画でした。
サイレント無声映画が大好きなヒゲの男性スター(ジャン・デュジャハダン)が、若い女性ファン(ベレニス・ベジュ)を映画出演にひきこむ。しかし、その後、彼女はトーキー音声映画で、スターに登り詰めていく。時代の変遷に置いてゆかれたヒゲの男性スターが、落ちぶれていくが、彼女が、陰からこれを支えて、再び復活できるように助けていく。という、ストーリー。
 この映画の見所は、1つが、『ホクロ』。2つが『背広で戯れる彼女』。3つめが『タップダンス』。監督(ミッシェル・アザナヴィッシウス)の巧さが光ります。 >>その上にあって、見せ所が、もう一つ。男性スターの『ペットの犬』。この犬の名演技に対しても『アカデミー賞』初の第1回ゴールデン・カラ(金の首輪)賞が授与されたのでした。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   ● 『 バトルシップ 』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

『ユニバーサル映画の100周年記念』のアニバーサリィー作品として、この映画『 バトルシップ 』があります。優れものでしたよ! 『トランスフォーマー』を映画化した制作会社『ハスブロ』が『ピーター・バーグ』監督に依頼して作ってもらったのでした。 ディズニー生誕110周年を記念しての代表作映画『 ジョン・カーター 』に対抗して発表されたのかもしれません、気合いの入った、金もかかった作品でした。 
宇宙から侵略にやってきたエイリアンの大艦隊、と、地球防衛の国際連合艦隊との大激戦も見応え十分でした。ケタタマしい、超スピード感あふれる戦闘は、流石でしたよ!

[PR]
by sanuimomochi | 2012-05-06 00:53 | 映画の話