<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


来年の1月から、福岡市もやっと、『第1種低層住居専用地域』の『建蔽率50%や容積率80%や最低敷地面積165㎡以上などの変更』が、施行される準備中です。
(北九州市は、数年前から、全域が建蔽率50%の容積率80%にかわっています。)

第1種低層住居専用地域の土地や中古住宅を売ろうとしている人は気をつけましょう!!

以下の福岡市の都市計画課の詳細を見ておきましょう!
http://www.toshikeikaku-city-fukuoka.jp/

 第1種低層住居専用地域変更予定に就いては、宅建協会県本部に問い合わせしたところ、重要事項説明書の備考に『予定事項』を書いていた方が良いそうです。
[PR]
◆◆『ハウスメイド』◆◆◆◆</span>
天神東宝 

韓流ブームの韓国映画です。
 が、韓国文学映画の『下女』を再映画化したモノで、『お手伝いさん』と『ご主人さま』と『その上流階級の家族』の性を含むドロドロを表現したかったようだが、韓国映画の性表現の限界が、この映画の限界にもなっていて、ドロドロさに、限界をきたしてしまっていて残念な気もする映画でした。
 日本映画もカッテは映倫カットでつまらない映画を多く目にしていた頃の映画のようでした。
 韓国映画は社会派の映画はとても卓越したモノがあるが、セックスオンリーのポルノ映画とは違う『美しいセックスシーン』というモノを表現できる文学作品を生み出せる環境が揃えばと思ったモノでした。

[PR]
by sanuimomochi | 2011-09-29 08:02 | 映画の話
◆◆『世界侵略・ロサンゼルス決戦』◆◆ 

 その昔~し、観たことのあるような映画でしたが、リメイク版かもしれませんが、愉しめましたよ!

 宇宙から異星人が地球を攻撃してくるのですが、最初はやられっぱなしですが、最後は敵の弱点を見付けて、反撃するという、西部劇をアメリカの海兵隊に置き換えた、地球防衛軍を鼓舞するような映画でした。

 しかし、有名な俳優が出ていないことと、上映時間中、聞こえまくる銃撃音と爆発音が戦場の臨場感を味会わせてくれ、尚かつ、宇宙侵略軍の正体(ココでは書きません)の凄さも見所でした。

 
● 9月映画の話(その2)
◆◆◆◆『アジョシ』◆◆◆◆

 韓国映画です。が、韓流ブームの延長で観ないで下さい。
 韓国ばかりかアジア最貧生活者に襲いかかる社会の暗部犯罪組織の存在に照射した厳しい現実をイ・ジョンボ監督が凄まじい戦闘シーンをも駆使してドラマ化。(その問題点が何なのかは映画を観て感じて下さい。)

 『母なる証明』の『ウォンビン』が主役のカッコ良さを観ると韓流ブームの延長に進みそうですがね!
 「何者だ、名を名乗れ!」>「月光仮面だ!」ではないけれど、
 「貴様、何者だ!」>「ただの隣り質屋のオジサン!」が、渋い!

私なら、今年度アカデミー賞を挙げたくなる映画でしたね!
 しかし、数年前にアカデミー賞を獲ったインド映画『スラムドッグ・ミリオネア』と、同じ題材の社会問題化でしたので、その辺りが難しいかもしれませんね?


● 9月映画の話(その2)
◆◆『ワイルド・スピード・メガ・マックス』◆◆

 シリーズ映画ですが、毎回、「スッゲーっ!」と、思って観ていたのですが、今回は、その最終章でした。
 ドミニク(ヴィン・ジィーゼル)とブライアン(ポール・ウォーカー)の名コンビがブラジルのリオデジャネイロを舞台にギャング団相手に暴れまくる。そして、永遠の安定を追求していく!>>>と、いえば、聞こえがよいが、ドリームチームでギャングのボスの金を強奪する!と言うモノでした。

 ヴィン・ジィーゼルが初めて『 X・X・X (トリプルエックス)』でデビューした10年ほど前にこいつは、今後出てくる奴だなーっ!と、思っていたが、開花して見せつけてくれました。

 そう言えば、リオデジャネイロのカーニバルもそろそろ始まる頃ではなかったかな~??

[PR]
by sanuimomochi | 2011-09-24 01:18 | 映画の話
a0154912_1394541.jpg モスクワやサンクトペテルブルグ(旧レニングラード)では地下深くの芸術的な地下鉄駅も見てきました。
 もちろん地下鉄に乗って、街の世界遺産の旧市街の建物群も見物もしてきましたが、とても物価が高いのには、驚かされました。
 街の建物の雰囲気はパリ並みでしたが、洋服や靴ばかりか、アパートの価格も、東京の銀座並みでしたね!
...
 
『キジ島』も世界遺産ですが、この2大都市とは、また違う、驚きでした。
 『今の建築科学では修復しきらない!』と言われているくらいの木造建築を見学して、先ほど帰国してきました。
 かつて訪れた、パリやロンドンやウイーンの街を見た後に、ガラパゴスや喜望峰を見たくらいの感激でした。
a0154912_13102532.jpg

 a0154912_2344162.jpg
屋根が銀色に光っていますが、日本にはない木でできていて、太陽の陽にあたると光を放つように見えるので素晴らしいのでした。

1年のうちに65日くらいしか晴れないと言うのに、スバラシク晴れてくれました。
a0154912_2325127.jpg
[PR]