<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

●『孫文の義士団』・・・KBCシネマ

 この映画は、以前から待っていたのですが、(5月末から上映されていたのですが、)なんとか時間が工面できましたので、やっと見に行けました。クチコミのせいか客は多かったですね!
 そして、期待以上に、面白く、内容も素晴らしかったですね!

 近代中国の祖、『孫文』は、『辛亥革命』により、清朝を倒し、中華民国を樹立した革命家で、初代『中華民国』臨時大総統です。
 (号は『中山』チュウザン、と、言います。台湾や中国本土に行くと各地に『中山○○』という記念の建物や碑がありますが、孫文を慕ってのものです。)

 ちょうど100年前の話。辛亥革命の前夜。
 日本に亡命していた孫文が中国全土の革命家の各地区代表者会議を香港に於いて秘密裏に行なった。

この情報を察知した『清の女帝・皇太后』は四客・暗殺団500騎を派遣する。
 実は、この代表者会議は1時間。その後はすぐに孫文は日本に引き上げる。
その1時間のために革命防衛隊を選び抜いたが、その数、8名。

 その年から辛亥革命の前哨戦が開始されたのですから、防衛は成功したのですが?・・・・・あとは、映画館で!
アジアの有名なスターが共演しての壮絶な防衛戦が繰り広げられ見ごたえ十分でしたね!

 この場面の孫文を支えた商人と印刷屋さんは、後に映画『宗家の三姉妹』に引き継がれる話になるのです。

 日本在住の人も孫文を支えた人たちが多くいて、( 数年前に『IREM・JAPAN』の東京の研修会で、『TMC・須佐』・『ハンエー・大崎』・『アバンセ・田中』さん等を、私が連れて行った!)神田の『中華料理店・漢陽楼』も孫文や周恩来も来ていた秘密裏に有名な店だったのですよ!
 だから、美味しかったですよね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●『アジャストメン』・・・天神東宝・Tジョイ博多。ユナイティッドシネマ・ほか

 現代SF小説の大家とも言うべきフイリップ・K・ディックの話を今度はマッドデイモンを主役に据えて、映画にしてきた。
人間の過去も未来も現在も、『運命!』そのものが『操作・管理』されている話なのであるが、この場で、その話を書くと、映画が面白くなくなるので、あとは映画館で見てください。
ドラえもんの『どこでもドア』が、キィーポイントとだけおしえておきましょう。

[PR]
by sanuimomochi | 2011-06-20 05:15 | 映画の話
【報告!14日の朝日新聞によると】
 早良区高取の紅葉山八幡宮横の『神風会(暴力団・山口組系)』が13日解散し、『神風堂』の玄関の看板を早良警察署に持ってきたそうです。

 会社にも自宅にも近くでしたから、ご近所の方が喜んでいました。
が、まだまだ、建物はありますし、まだ、誰か住んでもいるようですから、どうなることでしょうかね?
 14日の西日本新聞には、組の名前を伏せて掲載していましたね!
[PR]
 昨日、福岡ドームに行きました。
ホークスが1対0で中日に勝ちまして、勝利の花火を見てきました。

 が、『相方』が高校時代の同級生のY君が、下品な野次と恥ずかしくなるような素行で周囲に人のヒンシュクをかっていました。

 本人は、『楽しむのは、周りの皆も巻き込まないと楽しみきらない!』と、言う、はた迷惑な性格で、普段は少し内向的なので、こういう場面で爆発しているみたいです。

 彼が『チィッケットが手に入ったから』と誘ってくれたのですが、11月で60歳になるという彼に『おまえも九大出なんだから、その性格どうかならンか?』と注意しても治りませんでして、私・自分自身をも反省したところでした。
 『人の振り見て吾が振り治せ!』ですかね!

 山笠前ですから、そろそろ走り始めて準備をしておかねばなりません!
今日から『棒洗い』の儀式が始まると言う朝のニュースでした。
 7月15日の『追い山』の日で60歳!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ももっちぃの『6月映画の話』その1

●『岳(がく )』
・・・天神東宝・Tジョイ博多。ユナイティッドシネマ・ほか

 漫画雑誌『ビッグコミック・オリジナル』に連載中の『石塚真一』の『『岳(ガク )・みんなの山』が大人気となったので映画化されたものでした。 
 
 『ビッグコミック』と『ビッグコミック・オリジナル』は、私が20年近く買い続け、読み続けている漫画雑誌です。

 監督の『片山 修』が、『底抜けな山男・島崎三歩』を誰にするのかが、一番の鍵でしたが『小栗 旬』で大正解でした。『久美ちゃん』役も『長澤まさみ』でピッタリでした。
 漫画のイメージを全く壊さない俳優で、気持ちよくすがすがしい。
 
 山を愛する山岳救助隊のドラマですが、毎年、何人も山で死んでいるのに、山に登る人は後を絶たない!
 『三歩』の口癖の『よくやった、また山においでよ!』は、勇気づけられる名言ですね!

 山女(やまじょ)ブームで山に気軽に登る若者が増えてきていたので、丁度よい警鐘の映画にもなりました。
 もうひとつの名言『山で捨ててはいけないもの?』というクイズの答えは映画を見て感じてくださいね!

[PR]
by sanuimomochi | 2011-06-01 12:06 | 映画の話