<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ももっちぃSANUIの『11月映画の話』その2・2010

●『ノーウェアボーイ(ひとりぼっちぃのあいつ)』 天神東宝

『ザ・ビートルズ』を知っているとか知らないとかは別にして観ていて欲しい映画でした。

1950年代のイギリス・リバプールが登場します。
 今度イギリスに行くときは是非ともリバプールに行こうと思いました。

 故『ジョン・レノン』生誕70周年・凶弾に倒れて30年の今年、彼が音楽と知り合った切っ掛けの裏に、若き日の彼には『ふたりの母親』の存在があった。
 『生みの親であり彼に音楽を教えた破天荒なジュリア』と、『育ての親でありイギリス的厳格さの伯母のミミ』。

ジョン・レノンの知られざる少年時代と母への想いを綴った感動作でした。
そしてこの2人の母がいなければ『ザ・ビートルズ』も無かったように見受けられました。『ザ・ビートルズ』が誕生する間際のジュリアの事故死・・・・・後は映画館で!
 そして、映画のラストソングの名曲『マザー』の歌詞の意味も、やっとわかりました。

 若き日のジョン・レノン役の『アーロン・ジョンソン』は『オノ・ヨウコ』お墨付きであっただけあってピッタシの役でした。

 さらに、若き日のポール・マッカートニーらと出会い……。
ポール・マッカートニー役の『トーマス・ブロディ・サングスター』も、とても可愛い顔しているけどけど、芯のしっかりしている役回りをキチンと演じてくれていて爽やかにも見れましたね。

 改めて『ザ・ビートルズ』が好きになれる映画でしたね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●『ハリー・ポッターと死の秘宝・パート1』
中洲太洋・天神東宝・ユナイテッドシネマほか


 世界的に有名な『ハリー・ポッター』シリーズも遂に完結編を迎えます。が、ナント!完結編を2部作に分けての上映の前作が『パート1』でした。

 『ハリー・ポッター』役の子供達が青年になってしまい、面白みが半減し掛かっていたものを、今回は居直って完結編として仕上げたので、トテモ見やすかったし自然でもありました。

 おそらく『ハリー・ポッター』を観たことがなかった人でも、面白く観られる映画でしょう。
世界のファンタジー映画の中でも3本の指にはいるくらいの名作ですから、是非観ておいた方がよいですよ。
 映画館で観ないと作品が半減しますよ!この手の映画はDVDビデオでのテレビ画面では、迫力が欠けてしまいますからね!

 ホグワーツ魔法学校や魔法省を牛耳ってしまった宿敵ボルデモードとの戦いが始まります。・・・・・後は映画館で!
完結編の完結編『パート2』は来年のようでした。
 私も、魔法の杖が欲しい!!!

[PR]
by sanuimomochi | 2010-11-29 00:43 | 映画の話
ウィレックと言う福岡市の宅建業者の研究集団が10年になることを記念して、昨年から記念行事を色々考えていたのですが、『気難しいことは止めにして、大阪に笑いに行こう!』との私の提案にみんなが賛同してくれまして、企画引率しました。楽しかったですね!
a0154912_051226.jpga0154912_0341597.jpga0154912_0352720.jpga0154912_036160.jpga0154912_0363756.jpga0154912_0383282.jpg
a0154912_0394758.jpg

a0154912_0481112.jpg
a0154912_0483986.jpg

a0154912_131896.jpgなんばグランド花月』や『水陸両用車での大阪巡り』もしてきました。博多の川にもこういう水陸両用車での観光が出来ればいいのにナ~と思いました。
[PR]
by sanuimomochi | 2010-11-29 00:40 | 旅行・国内
ももっちぃSANUIの『11月映画の話(その1)』

●『エクスペンダブル』
  シルベスタースターローンが自ら監督主演をもって最強チームを率いて度迫力のカリブの軍事政権国家での救出作戦。ブルースウィルス。ジェットリー。アーノルドシュワイッツネガー。などなど、敵も味方も凄い強烈バトル・メンバー。
 『エクスペンダブルとは消耗品』のこと。このメンバーで、迫力満点の筋肉スターアクション活劇なら文句はなかろ~、と、シルベスタースターローンが巨費を投じただけあって、観客も多かった。

●『ナイト・アンド・デイ』
  トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演のスパイ・ワイルド・パニック的スピード・アクション映画とでも言うのでしょうか?
 トム・クルーズ主演映画はだいたい展開が早く世界を股に掛けることも多い。今回もいろんな町に行けましたね!
 キャメロン・ディアスがスピード・アクション映画とか似合わないだろ~と、おもっていたが、あの可愛さで誤魔化してくれましたね!恋のロマンスも過激的でしたNe!

●『海猿・ラストメッセージ』
 海上保安庁・潜水士の大ヒットシリーズの第3弾映画。日本映画が警察官や検察官や見識官や科学捜査官やらをシリーズもので作るモノだから海上保安官ものを流行らせたかったのでしょう。
 今回は玄界灘なので、博多も出てきますよ。
 海上天然ガス超大型プラント施設と天然ガス掘削戦の衝突火災に超ウルトラ台風が重なる中での救助作戦。こちらも日本型筋肉・お・と・こ・的な映画でありました。
 しかし、『尖閣列島・釣魚島』沖での中国船の突撃体当たり映像流出は海上保安庁よりも『検察庁の誰か』が流したのではないか?と私は思います。海猿たちが、そんな器用なことはしきらないからね!

●『バイオハザード・アフターライフ』
 シリィーズも4作目にもなると中落ちしそうであるのに、まったくもって凄い展開で、近未来への警鐘でもあるようでした。
 東京の渋谷から映画が始まりました。
 女戦士アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチィが強い女の代名詞になるくらいに、アクションが凄いのでした。
[PR]
by sanuimomochi | 2010-11-08 23:20 | 映画の話
a0154912_17483836.jpg門司港では昼に名物の焼きカレーを食べました。
a0154912_17491093.jpg
a0154912_17494653.jpg
a0154912_1750784.jpg

夜は何を食べたか、覚えていないくらいに、酒の力とハロウィンの妖力でベロベロになり若返っていましたね!
a0154912_17503612.jpg
a0154912_1751051.jpg

a0154912_1757459.jpg
a0154912_17574311.jpg

私は誰でしょう?なんて、言う番組を観ていた世代が、こんなんになりました。
a0154912_1758865.jpg
a0154912_1815811.jpg

a0154912_1813516.jpg
拡大してみたいでしょうが老けたシワかくしの為、観れないように縮小して掲載しています。a0154912_1759456.jpg
a0154912_17584812.jpg

a0154912_17594328.jpg
a0154912_1802197.jpg
a0154912_1804962.jpg
下関では唐戸市場でフグと鯨を肴にビールがうまかったです。
a0154912_1811782.jpg
巌流島で野生の狸の親子にあえました。武蔵と小次郎と名前を勝手に付けていま下よ。
a0154912_18133185.jpg
a0154912_1813531.jpg

[PR]
by sanuimomochi | 2010-11-01 17:53 | 歳時記