カテゴリ:歳時記( 49 )

a0178073_17215597.jpg宅建福岡西の広報の記事を和田さんに頼まれましたが、下の記事を短くしたモノです。
私がせっかく書いたので没にするのもモッタイナイので、ここに掲載しました。
(広報には24年になって印刷されていましたが、34年です。)
写真はSANUI撮影の今年の分です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
博多の山笠に出て34年の還暦は元気!        
 
私が初めて出たのが34年前でしたが、山笠に出ていた先輩から「舁き手が少ないし、『流れ』も金もないから、バイトも雇えんので、手伝いに来いや」という掛け声からでした。a0154912_1327502.jpg
その当時は少なかったのでしたが、テレビで全国放映されだしてから増え続け、今や日本を代表する祭りになってきています。

博多の町には『山のぼせ』と言われる『種族』が、「かつて」多くいたようです。
戦後の復興期には12本も山笠が出ていたそうですが、今は8本(7流れ)です。
しかし、この『山のぼせ』は『博多んもん』の特権だけではないのでした。
博多の山笠と同じ形態の『舁き山』は、「飯塚」や「宗像」や「甘木」や「前原」や「小呂島」など『旧・黒田藩』領内には各所にあります。

a0154912_1329534.jpgの『福岡西支部』地域にも、かつて今宿や西浦や周船寺や元岡などでも山笠が出ていたそうですから、山笠は『博多んもん』ばかりの祭りではないのですよ。
いろんな事情から廃止になったそうですが、しかし、それらの地域の『山のぼせ』の『舁き手』も他の地域の山笠の加勢に行っていたそうですから、有名な『博多祇園山笠』に流れた方も多いのではないでしょうかね。

また、「櫛田神社も博多にしか無い」と思っている方もおられるようですが、富山、三重、佐賀など日本中の各所にあります。
『博多・櫛田神社』の『分社』も「野芥」や「荒江」などにもあるのですから、『博多・総鎮守の櫛田神社』の祭りは『福岡西支部』地域にも密接に関係があるのですよ。

博多の山笠の各流れの当番町の役員さんたち』は「櫛田神社」と「承天寺」と「東長寺」の他に、山笠が始まる前に、東区の『筥崎宮』と『太宰府天満宮』と、我々のお膝元の西区の『愛宕神社』にもお参りしに来るのですよ。
a0178073_17152723.jpg『こういうことは、山笠に出ている人でも知らない方が多いのですが、『福岡西支部』地域も十分山笠に関わっているのですから、息子さんや若い男性がおられましたら参加して見られることをお勧めします。学校で習う授業とは別の人間形成にも役に立ちますからね。

a0178073_17202891.jpg博多祇園山笠は、今年で770年でした。
3月11日の『東北・北関東』の大震災と津波、さらに『福島原発事故』が解決していない中で、開催が危ぶまれていましたが、博多の山笠の起源からしても、祭神がヤマタノオロチを退治した須佐乃王命ですし、『疫病退散』を願っての庶民信仰ですから、東北地方の被害者の方々の復興を願う祭りとして、今年も無事に奉納することが出来たようです。

[PR]
by sanuimomochi | 2011-08-16 13:01 | 歳時記
a0154912_17342559.jpg 全国あっちぃこっちぃ祭りがありますが、藤崎・高取商店街が毎年​おこなっている夏祭りは夜店まで地域住民がおこなっていることで​、すっかり定着して盛況な様です。
 今年も7月23日30日8月6​日と3連続土曜夕市として、若い子の浴衣姿を観ることが出来まし​た。








a0154912_17312438.jpg8月1日の大濠の花火大会も私ら夫婦は昨年まで浴衣で出かけ​ていっていましたが、今年は見せる人がいないので、洋服で行き、​ビニールシートに寝っころがって観ていました。
 しかし、やはり、​浴衣にすれば良かったと反省しました。
 風流さが足りなかったです​からね!

[PR]
by sanuimomochi | 2011-08-13 01:41 | 歳時記
a0154912_14234731.jpg 21日の昨日は、『土用・丑の日』
 苦情解決委員会の後、中洲大洋で『ハリィーポッター』を観た帰りに、今夕は、中洲の『吉塚ウナギ』で『うな重・松』を食べました。高級な店で『松』を頼む還暦の余裕に感謝!精力グングンですよ!

 小倉北区や八幡東区のウナギは『田舎庵』が有名ですが、中央町の『とんかつ 不二』のウナギが大好きです。大人の店なので子連れで行くと追い返されます。呑む人のみ『力』。ここは『トンカツ』も旨い!中央町は『力』も『いち川』も『松助』のウナギも旨いですね!a0154912_14344986.jpg
 18日に小倉で法事がありましたので、その前に、八幡の中央町に寄りましたら、ここでも山笠があっていました。(八幡は曳き山笠です。写真)
 しかし、この日は、とんかつウナギもお預けでした。
枝光の『田舎庵』も中央町の『とんかつ 不二』も『いち川』もみんな店を閉めてしまいましたのが残念ですね!
 中央町の山笠の引き手も知らない人ばかりになって世代交代していました。

 『天下一品!』と言えば、『なでしこジャパン』!
 山笠に負けず、18日の早朝から盛り上がりました!すごい!ワールドカップ優勝、オメデトウ!感激しましたね!
[PR]
by sanuimomochi | 2011-07-22 14:29 | 歳時記
a0154912_16474215.jpga0154912_1644680.jpg風呂も入ったし、今から少し寝ます。
地下鉄の最終で博多に戻ります。

14日の『流れ舁き』も終わり、いよいよ明日は『追い山』です。
 若手集合が深夜の2時。
 一般の町内集合が深夜の2時半から。

 3時過ぎ頃に山笠に合流し、1番山笠が夜明け前の4時59分か​らの舁き出しですので、それまで、待たねばなりません。

... 朝の博多の町を5KMを走り抜けると、夏が本番に入ります。
 『4番山笠 土居流 西方寺前町』を応援して下さい。
たくさん水を掛けて下さい。

明日の『追い山』の15日が誕生日。素敵な『還暦祝い』になります。
(写真は今年の分です。11日の川端商店街。12日リバレイン前、母と弟と私と義妹。)
[PR]
by sanuimomochi | 2011-07-14 21:56 | 歳時記
a0154912_1152374.jpg
 12日の『追い山馴(な)らし』は4KMのコースですが、前後すると5KM位は走ります。
終わった後の『直会(なおらい)』のビールの旨さはたまりませんね!
そ の後、山笠の仲間4人が私の『還暦祝いの会』をしてくれました。

 今日は3時半から『集団山見せ』です。見物に来るなら、全部の山笠が一同にみられますよ。
 昨年から呉服町交差点から明治通りを通って天神の市役所に行き、また明治通りを抜けるコースになりました。
 土居町筋で右折して櫛田神社に行きますので、今日はタダで櫛田神社での桟敷の見学が可能ですよ。
(写真は昨年2010年の市役所横。台上がりの左側は私です。撮影は我が奥様です。)
[PR]
by sanuimomochi | 2011-07-13 11:08 | 歳時記
♪ オッショイ♪ オッショイ♪  ♪オイサッ♪オイサッ♪

a0154912_13232727.jpgいよいよ、今日から、博多は山笠です。
 夕方、5時近くから、各『流れ』ごとで、『箱崎宮の浜』まで、​『お汐井取り』です。

...見学しに来ませんか。
 『塩』はでなく『汐』と書きますが『砂』をすくってきます。
『てぼ』という小さな篭に入れておきます。玄関先に下げて『お清​め』に使います。
a0154912_13244177.jpg
a0154912_13264787.jpg
   ゆっくりゆっくりですが、町中を走り回ります。
 『土居流れ』は今年は『4番山』ですので『お汐井取り』から町​内に戻るのが、夜の8時か8時半頃でしょう。

a0154912_13254310.jpg 夜になって提灯に灯りが点火された『お汐井取り』の風景は、山​を動かす時と、また違った美的な夜の博多の山笠を感じられて、大​好きです。

 見学しに来ませんか。夜の7時頃、呉服町から櫛田神社にかけて​。
 地元の人に尋ねるた方がよいですよ。HPや観光パンフレットに​は載っていませんから。
(写真は2008年の分です。)
[PR]
by sanuimomochi | 2011-07-09 13:21 | 歳時記
a0154912_15315379.jpgビンのラベルは『大名華風』からの紹興酒に貼られていたモノです。

 山笠が始まる前に、と、思い立ち、6月30日午後1時から箱崎宮で『還暦の中厄払いの儀』をして頂きました。
 6月はいろいろありましたので、しっかり、お払いして頂けました。
 

 7月1日は早朝6時過ぎから山笠の土居流れの西方寺前町の町内の『注連下ろしの儀』がおこなわれ、櫛田神社の禰宜さんにおいで頂きまして神事を執り行って頂きましたので、私も参列いたしました。
 いよいよ、山笠です。
a0154912_15335831.jpg
a0154912_15341722.jpg
                                         隣は悦ちゃんです。
a0154912_15345752.jpg
 9時半からは那珂川の反対の天神の住宅金融公庫北隣のビルで定期検診の半日ドックでした。
毎年のことですが、バリィウムはイヤですね!
山笠前に心身ともに準備できたようです。
 
 
2日朝は6時半から藤崎から金屑川を下り室見川から百道浜の波打ち際から右折してマリゾンを抜け樋井川まで走り込みました。久しぶりの走りでしたから、帰りはほぼ歩きました。a0154912_15312381.jpg

最後にみんなで『 ♪ 博多・祝いめでた ♪ 』を唱和し、『博多手一本』で〆めました。

 2日の夕方は、『福岡都市圏の不動産研究集団・REC』と『福岡西地区の不動産勉強会・ウィレック』が合同で、若手中心の有志が発起人になって頂き、わざわざ私の為だけの『還暦祝い』をしてくれまして、31名が赤坂の『中華料理の大名華風』に集まっていただきました。

 山笠の長法被(ながはっぴ)を着流し出かけましたが・・・、
 赤い烏帽子(えぼし)と赤いチャンチャンコと白扇を着せられまして、
 りぃっぱな60歳を演じさせられました。
 

 が、私の誕生日は、山笠のクライマックスを迎える『追い山』の7月15日なのです。
[PR]
by sanuimomochi | 2011-07-03 15:37 | 歳時記
a0154912_1750319.jpg
 佐賀の富士町の古場岳に『売り山』、『売り地』を『10441坪』も頼まれまして、下見に行きました。

 自然をこよなく愛する人などが買うと良いのですが、どなたか、いかがでしょう!
 材木になりそうな樹もふんだんにありますし、ソウトウ広い広場もありますよ。
 a0154912_17525335.jpg 三瀬峠付近は、まだ、桜が咲き誇っていました。
4月13日。

 北山湖の畔にも春が来ていました。(上の写真)

 右の写真は、峠の福岡市側の桜。

 ついでに、三瀬温泉にでも入ろうと思っていきましたが、あいにく休みでした。下は三瀬役場近くの桜
a0154912_17514641.jpg
[PR]
by sanuimomochi | 2011-04-18 17:58 | 歳時記
a0154912_1629356.jpga0154912_17194544.jpga0154912_16322218.jpg







a0154912_162117.jpg
 室見川白魚のヤナ掛けは、福岡・博多のはるの風物詩です。







 みずぬるむ春ですね!犬と散歩がてら歩いていますと鴨やユリカモメたちが遊びにやってきます。
 
 室住団地横の桜並木もきれいでしたね!


 上の写真の黒い犬がViViちゃんで~す。
a0154912_1617204.jpga0154912_16175671.jpga0154912_16182024.jpg








a0154912_16193698.jpga0154912_16263981.jpga0154912_16265310.jpg
[PR]
by sanuimomochi | 2011-04-06 14:30 | 歳時記
青島(中国・チンタオ)にいる従姉妹の千代ちゃんから青島製のレターらしい趣があります年賀が3日に届きました。3日は春節で、春分で、節分でしたからね。珍しいことです。『3連ちゃん』は!a0154912_17163664.jpg
 今日は旧正月を祝って、早朝は近くの紅葉山八幡宮に犬のヴィヴィと散歩がてらお参りに!その後、太宰府に行き、竈門(かまど)神社にお参りし、宝満山(854M)に登り山頂の宝満神社にお参りして、春節の三社参りを1日で『3連ちゃん』でした。a0154912_17182960.jpga0154912_17185369.jpg
宝満山は中腹から雪でした。
 登山客の内、靴にアイゼンを付けている人も3分の1ほどいましたが、宇美町の『難所ヶ滝』の凍った滝の見学に行ったとのことでした。
健脚の人でしょうね。
a0154912_176497.jpg 

     宝満山への登山で、
 昨日の博多山笠の新春の初寄りの後の呑みごと。
 一昨日の宅建協会の福岡西支部の常任幹事会後の役員仲間との呑みごと。
 その前の日の知人との呑みごと。
 の、『3連ちゃん』のアルコール飛ばしが、出来たくらい、良い汗をかきました。
 下山後は、太宰府天満宮にお参りしてから、九州国立博物館のゴッホ展を見学しました。
 オランダのアムステルダムで、『ファン・ゴッホ美術館』で、『ヒマワリ』をはじめ『これでもかっ!』と言えるくらいのゴッホの作品を観ていたので、期待より半減でした。 
でも、日本で観れること自体に感謝しないといけませんね!
 韓国・中国ばかりか、東南アジアの人たちも鑑賞に来ていました。90分も列びました。)


上の写真は何か?というと、ゴッホの作品の舞台に行ったときの写真です。 
 上はフランス・アルルの跳ね橋の前。【ゴッホの作品『アルルの跳ね橋』】(2006年)。
 中2枚がフランス・アルルの黄色いカフェ前【ゴッホの作品『夜のカフェテリア』】(2006年)。
 下はオランダの『ファン・ゴッホ美術館』隣の駐車場での写真。バックは『ネーデルランド国立美術館』の建物。(ゴッホ美術館は近代的な建物だったので写していなかった) (1997年)

[PR]
by sanuimomochi | 2011-02-09 17:58 | 歳時記